the globe

cutting the moment on the globe

history

これまで蒋介石には漠然と『台湾への共産党の侵入を防いだ人物』と言うどちらかと言えばよいイメージを持っていた。これが日本の教科書で学んだ人間の典型的な理解なのかと思う。しかし今回、台湾の茶問屋で『なぜ台湾の人は親日なのか』を聞いてその見方が大きく変わるとともに、歴史の見方というものを学んだ気がする。

歴史を誰の視点で見るか。それによって人物や出来事の評価は180度変わりうるし、真実や正義すら変わりうる。茶問屋のご主人の話を借りてそのことについて考えてみたい。彼は台湾で50年商売をしている日本人で、蒋介石率いる国民党に追い出された日本人、そして親日家の台湾人に非常に近い存在である。だから彼の話には多少の偏見も含まれているだろう。でも、だからこそ台湾のひとの声を聞いている存在だとも言える。

話は『なぜ台湾のひとには日本好きが多いのか?』と聞いたことから始まった。日本は台湾を占領していたのだからよい印象を持つのは不自然に思えると言うのが私の趣旨だった。これに対して彼はこう話した。

日本はそれまで教育が行き届かなかった山奥の村にまで教育を施したんです。日本語での教育が、それまで教育水準が低かった場所にまで行き届いたことは台湾にとってはプラスになることでした。また、日本の兵隊は礼儀正しく、台湾の人々に対して親切でした。家が壊れた時の修理なども手伝ってくれたそうです。だから台湾のひとは当時の日本政府および軍に対してとてもよい印象を持っていましたし、その頃に教育を受けた人たちの中には自分を日本人だと思っているひとがたくさんいます。当時、台湾は日本の一部だったのだからそれも当然のことです。

この話を聞いた時は少し日本に都合の良すぎる解釈だと感じた。日本語による教育は台湾独自の文化をなくすことにつながったのだろうし、いかに軍が規律に気を使っていても、戦時下である以上略奪や暴力は起きたと思ったからだ。それに対して彼はこう続けた。

終戦を迎え日本が撤退し、蒋介石率いる国民党が台湾に逃げてきたあと、台湾のひとはとてもつらい思いをしました。彼らはまず台湾にいた日本人の財産を没収し、日本に送り返しました。日本に住むところも頼る人もいない人たちをです。たくさんの人が失望し、帰りの船から身を投げたと言います。

そしてその没収した財産で、国民党は世界でもトップクラスの裕福な政党になり、台湾を支配し始めました。台湾には内省人外省人と言う言葉があります。内省人はもともと台湾にいた人たちを指します。外省人は国民党と一緒に台湾に入ってきた人たち。内省人が80%に対して外省人は20%。だから外省人は武力によって内省人を支配しようとしました。現体制に批判的なことも言えなくなり、『となりの奥さんが国民党に批判的なことを話している』と言う噂だけで連行され、帰ってこないようなこともあったそうです。

このような国民党の弾圧に、内省人が我慢の限界を迎えたことがありました。これをニ・ニ八事件といいます。発端は闇でタバコを売っていた女性を国民党が袋叩きにしたことでした。これはいくらなんでも酷すぎると感じた内省人は暴力で対抗することを決意します。道を歩いている人に日本語で話しかけ、返事ができないとその人を袋叩きにするのです。当時の内省人は全員日本語ができたので、そうやって外省人を見つけて暴力を振るったのです。

これに対して、蒋介石は中国本土から大量の軍を投入し徹底的な弾圧を加えました。たくさんの死亡者が出ました。

このニ・ニ八事件は1970年代まで口に出すことすら禁じられていました。国民党政府が禁じていたためです。そうした状況が少しずつですが変わってきます。

大きな変化は李登輝さんが総統になってから起こりました。李登輝さんは自分を日本人だと言って憚らない人ですが、それを隠して国民党総統となり、総統を2期勤めた人です。トップとなってから、台湾の状況を変える努力をし、ニ・ニ八事件についても発言が許されるようになりました。

その後も国民党の支配が続きましたが、いま、ついに民進党という内省人の党が政権を取るに至りました。これは台湾の若い人の努力の結果です。彼らは国民党の支配や不正を許さず大規模なデモを起こしました。全国の大学生が台北に集まり、座り込みをしたのです。どの大学にも誰もいない状況になったので、ほとんどの大学が休講になりました。そうでないと欠席したことになってしまうからです。その意味で、大学は学生に協力的でした。いま道ばたで屋台を出しているおじさんやおばさんは、座り込みの現場に行って食べ物を提供しました。そうやって、このデモは国民的な運動になって行きました。

そして、彼らが偉かったのは、暴力を用いなかったことです。私も見に行きましたが、騒いですらいませんでした。ただ静かに座り込んでいるだけなのです。放水を受けてもじっとその場に座って動かない。結局国民党は追い詰められ、政権交代に至ります。この騒がない・暴力を振るわないということも、武士道の精神だと話す学生や民進党議員がたくさんいました。おじいさん、おばあさんや、お父さん、お母さんに話を聞くことで、彼らの中に日本はまだ生きているんです。本当に台湾の若い人たちは素晴らしいです。いま、民進党は国民党が戦後日本人から没収した資産について追及をしています。

まったく知らない歴史だった。しかし台湾という国にとってはこの歴史こそ重要で、現在進行系の歴史だと言えるだろう。

もちろん日本がアジアに対して行った侵略を正当化することにはならない。それでも日本が台湾の人たち大事なの価値観の1つになっていることは間違いないし、ありがたいと思う。と、同時に蒋介石が持ち込んだ『中国』は台湾とは一体化できないことがわかる。そして、日本が国際政治の中で取るべきポジションも自ずと見えてくる。

誰の視点で歴史を見るか。これによって価値観は180度逆に向いてしまう。台湾のように、正しく強い行動が起こせる若者が育つ、そういう歴史を伝えるひとが多くあってほしいと思う。

words from altitude of 33,000 feet

13th. June. 2017

JL098 Taipei-Tokyo